カテゴリー別アーカイブ: コート

マッキントッシュのダンカン

マッキントッシュのコートもこの時期はいくらか値下げとかしてくれるのかな?

まぁ平行輸入品は値下げなんてあまり無いか・・・

 

でも、結構ヤバイお値段で買えるお店もまだあるモノですね^^

マッキントッシュ コート ボア


の一覧を紹介します。現状はメンズしか在庫が無いようです。主な仕様はラバークロスを使ったキルティングコートという事になります。ボアは内側にシッカリ使ってあって暖かそうです。襟部分はファーボアタイプとフェイクファーボアタイプと揃っています。

ルイヴィトンのネオマッキントッシュ

ルイヴィトンの2006秋冬物で、ネオマッキントッシュコートというコートが出回っています。ナルホドと思わせるエレガントさは流石です。モノグラムと水玉のペルフォ柄というのが一番の魅力。見ていてイメージ出来るのは、都市銀行の行員さんかな?仕事がバリバリ出来てカッコイイ感じがします。水玉と言っても映画「ウェストサイドストーリー」に出てくる様な水玉でなく、大人の水玉ですね(笑)。

洗濯

家庭での洗濯は出来ないに等しい様です。専門の業者さんにクリーニングをお願いするのが一番安心です。MACKINTOSHに限らず、シミ、変色、汚れででお困りの際は「泣く子もだまる衣類復活サイト」をご利用下さい。

衣類復活の達人達の部屋へのリンクもございます。

キルティング

ラバークロスを使ったゴム引きですが、生地にキルティングを使っています。ゴム引きのゴワついた感じとキルティングの柔らかい感触が絶妙です。カジュアルでも、スーツの上にでも良くマッチしてシーンを選ばずに愛用出来るアイテムですね。

キルティング
を購入する際には、MACKINTOSHかラベンハム
の選択も楽しいですね。どちらもしっかりとしたブランドで選ぶ人の好みに左右されます。

ステンカラーコート

ラバークロスを使用したコートです。その防水性から、一般的にはレインコートとして利用した場合、最も効力を発揮します。

元々は乗馬用のレインコートだったそうです。スコットランドで生まれ、200年近い年月愛され続けています。

本国イギリスは勿論、日本でも大変人気があるMACKINTOSHのステンカラーコート。その理由の一つはシルエットの美しさと言えます。細身のシルエットを演出し、街着として使用してもとてもオシャレです。選ばれるもう一つの理由は『極端な話、誰が着てもソコソコオシャレ度がアップする』という所ではないかと思っています。例えば、スキニーデニムジーンズ等は本当にモデルさんみたいな人しか履けませんし、例え履けても似合う人と似合わない人が瞬時にわかります。MACKINTOSHのステンカラーコートは、どんな人にもその人の自然な良さを引き出してくれる力があります。

ゴム引きコート

MACKINTOSHのゴム引きコートとは、ラバークロスと言われる防水布を使用して作られた製品で、非常に防水性の高いコートです。

1822年に天然ゴムを使用した特殊な防水布(ラバークロス)が考案されました。ラバークロスを生地に使用してコートを作る為に会社を設立します。これが今のMACKINTOSHです。ラバークロスを使用して作られたのがゴム引きコートです。